diary

2018. 03. 11

滋賀での個展3月30日まで。在廊を終えて……

Whenever I have exhibitions, I can earn

precious experience for words.

展示のたびに、言葉にできない大切なものをいただく。

I am so pleased to recognize my messages reach

to visitors.

届いていることが、とてもうれしい。

I went back to Hokkaido, but exhibition holds until March 30th and you can see my works in Café Collabo. Ms. Watanabe, working for Café Collabo, will explain about my works in place of me(^^), so please ask her about ORITO.

わたしは北海道へ戻ってきましたが、作品たちは3月30日まで古良慕に散りばめられています。古良慕の渡辺さんがワタシの代わりに作品の説明をしてくれますので、是非、渡辺さんにORITOのことを訊ねてくださいね!

This is the counter of Café Collabo They display the article that introduce how ORITO started.

There are only-one mobile whiffles and table lamp, and ORITO’s accessories.

They will display my works for a month, so I hope you to visit there, spend some time to dither what to buy and find something you really like.

It is much better to try it in front of the mirror than watching them without it.

こちらは古良慕のカウンター
ORITOがどんな風に始まったのか、雑誌の記事も置いてもらっています。
一点ものモビールやテーブルランプの他にも、ORITOのアクセサリーがいろいろあります。
一か月間置いてもらえるので、たくさん迷ってお気に入りのモノを見つけてもらえると嬉しいです。
鏡の前で合わせて見たほうが、単体で見るよりもずっと◎

This post was written by 品田美里

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。